西早稲田 手打そばもり

15052001.jpg
早稲田通りと明治通りの交わる馬場口交差点から明治通りを副都心線・西早稲田駅方面へ少し進むと右側にオレンジ色の暖簾の「手打そば もり」があります。

店内は厨房の回りのカウンター席が8席のみで、若い体格の良い店主が1人で切り盛りしています。

この店の蕎麦は、北海道・石狩沼田産の厳選された蕎麦を石臼挽きして、二八で手打ちしたものだそうです。

蕎麦本来の持つ味と香りを楽しめる冷たいお蕎麦がお勧めということなので、かわりそば、せいろ、田舎の三種類の冷たいお蕎麦が楽しめる三色そばをお願いしました。

まず、かわりそばから

15052004.jpg


よもぎ切りそばだそうです。色が綺麗。
まず、蕎麦だけを食べてみます。ほんのりよもぎの香りがします。水切れも良く、角も立っていて美味しい蕎麦です。つゆにつけて食べると出汁の鰹の香りが強いかな?もう少しかえしが強いつゆが好みです。

続いて、せいろです。

15052003.jpg

やはり、蕎麦だけを。香りも味も良い蕎麦です。山葵をちょっと乗せてつゆにつけて食べのもいい感じです。

最後に控えるのは、田舎そば。

15052002.jpg

塩でも召し上がって下さいと小皿でお塩を出してくれました。
何もつけずに食べると香りが立っています。塩をつけて食べると確かに風味が増します。田舎そばには、山葵塩が合う気がします。
〆の蕎麦湯は二八にしては濃いめです。
つゆに入れても良いですが、蕎麦湯に塩を入れても美味しいです。
これで990円は納得の価格です。


もり



関連ランキング:そば(蕎麦) | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅